館の歴史(ごめん、やっぱ隔日更新で)

タグ:新都社、自転車、、徒歩旅行、自転車旅行、PSZ、PSO2、etc

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銅羅喰えっ! 壱話

2013.06.02 (Sun)
「         r           ry             …か    リュカ!!」
「………………んん、  ヘンリー…?」「お前またうなされてたぞ、またあん時の夢か?……」
ヘンリーは目を覚ましたリュカの涙を拭い、ちょうど完成したコーンポタージュを差し出した
「うん……」「そうか……」二人の間にやや気まずい沈黙が漂う
「ん!これ美味しいね」「そ、そうか?なんせ料理なんて10年前誘拐されてから全然してなかったもんなぁ~、正直自信なかったんだよ」
「そうだったの?でも正直意外だなぁー、初対面時の印象があれだったからまさか厨房でトムさんに悪戯する傍らおばさん達に料理も教えてもらってたなんて」「あ、こいつ!さては俺がいたずら意外なにもしてなかったと本気で思ってやがったなぁ!?」「アハハハ、い、痛い痛いよ ヘンリー頭グリグリすんのヤメテってば ん、もう……」

コーンポタージュを飲み干し、トマトとモッツァレラチーズのサラダとスパゲッティ・ネエロを食べつくし二人はすっかり満腹になっていた
「んで、さ モンスターじいさんに教えてもらった通り馬車買ったはいいけどよ、これからどーすんだ?やっぱ
最終的な目的はお前の母さん探しだとしてもよ、なんも手がかりがないんじゃどうしようもねぇじゃん」
「んー、取り敢えずは占い師のおばあちゃんが言ってた通り北上してみようよ 南には無人の塔が一つ建っているだけで他には人家の一つもないらしいしさ」
「ま、当面はウラノス大陸を探さなけりゃなぁ……お前の幼馴染のさぁ~ビアンカちゃん?つったけ
彼女の安否も確認したいところだし お前の故郷のサンタローズにもいっぺん行ってみたいしさ」
「そうだね……          ヘンリー、なんか顔赤くない?」「へ?     bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbっば、ばばばばばばば莫迦野郎!!リュカお前何を言っt「そ、まぁ気のせいならいいけどさ
だってヘンリー僕が男の子だって気がつくのに結局一年もかかってんだもの ふふっ」
(そりゃお前の一挙手一投足がいちいち可愛すぎるからに決まってんだろうがあゝあゝ……この莫迦野郎!!
て言うかちけぇよ吐息かかってるようわやめあbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb)ぽすっ 「へっ?」
「えへへ、ヘンリーのお膝暖かい お腹いっぱいでちょっと眠いから暫くこうさせてね、親分!」
(や、野郎……俺の理性を崩壊させる気かよチクショオオオオオオオッッ…………!!!)

ガサッ…      

「あれか…… ようやく見つけたぜ……」そう行って1㎞程離れた丘から彼らを見下ろしている一体のスライムがいた
スポンサーサイト

コメント

No title
bやたら多いな
(o^-')bbbbbbbbbbbb
Re: No title
単にテンパっているのを表現しただけなんで気にしないで!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。