館の歴史(ごめん、やっぱ隔日更新で)

タグ:新都社、自転車、、徒歩旅行、自転車旅行、PSZ、PSO2、etc

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013,3月 筑波嶺登山オフ

2013.03.18 (Mon)
更新大幅に遅れた!!orz
んで前回の続きから
頂上に着いたはいいもののすでに16時回ってて早く降りないと帰り道真っ暗決定という……あぶねー
えぇ、そうですとも あちきがろくに計画性がなかったのが主たる原因です
なまじ夜道普段からよく歩いている分高をくくってた……今回の登山はおいらだけで登るんじゃないのに―
しかし生きてると大抵のことはなんだかよくわからんうちになんとかなるもんです、
登ってる途中から何度もすれ違っていた原付のおっちゃん(前回分参照)が「アブねぇからよ」と同行してくれた!
聞けば江戸は板橋からしょっちゅう来ているとか
おいらよりずっと筑波嶺慣れしているのが見え見えで夜道に迷って遭難したり怪我して動けなくなった登山客を
背に担いで下山したことも一度や二度ではないらしい……   すごい漢だ……うおおおおおおおおおおおおおおおお!!
途中人数分の懐中電灯貸してくれたりアメちゃん出してくれたりも ホント助かりました


※おいらは直接視認してはいないのだが(喫煙自体は見たけど)だめおさんによると山頂にてどうやら煙草の吸殻ポイ捨てしていたみたいである 唯一の汚点 残念極まる


そんなこんなで全員無事に下山!おっちゃんと別れた後集合場所まで戻ってきておいらのサプライズがあった後
解散しました
いやー楽しかった
後帰りは研究学園駅まで複素数さんの車で送ってもらっちった でへへ~




おまけ;今朝仕事帰りに上野駅で朝食を摂りました
ファミリーマートでパンとおにぎりとジャスミン茶買って
何処で食おうかと思いながら歩いてて炉端に敷いてあったダンボールにちょこんと座らせて頂きました
食いながらしばらくするとそこで寝ていたおじいちゃんが起きたのです
話を聞くと同じ千葉県出身で蘇我から来たとか
場所借りたお礼におにぎり一個あげました
別れ際に握手したんだけれどもあんな寒そうに縮こまって寝ていて、なおかつ寝起きだというのに
彼の手はとっても柔らかくってあったかかくて、そしてひどく癒されました
あの感触はしばらく忘れられそうにないでしょう
彼がこれからどうするのか、いつまで生きるのかはわからないけど
それでもあちきは彼が息災に在ることを望みます
ついでにダンボールの保温効果がいかに高いかも学習できました
ダンボールすげぇ

筑波嶺の写真後日公開するかもです
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。